ご家族との最後の時間を、どのように過ごしますか?

医療技術が進み高齢化社会となり、家族の終末期の寄り添い方も多様化しています。

終末期を迎えた本人にとって、そして寄り添う家族にとって、どんな時間を過ごせば悔いが残らないのか?

そのひとつひとつの想いに寄り添い、有意義な時間を作り上げるお手伝いをします。

終末期コーチング


看取りのイメージがつかない…
自宅で看取れるか不安…
誰に相談したらいいかわからない…

終末期を迎える方がいるご家庭では、様々な想いや不安があると思います。

患者様ご本人も看取るご家族にとっても悔いの残らない最後を迎える準備を、私との対話を通じて深めて行きませんか?

訪問看護


ーこのようなお悩みはありませんか?ー

  • 入院中の家族を外泊させてあげたいけど不安…
  • 歩くのがつらいので、家から病院まで送って欲しい。
  • 高齢の一人暮らしで不便なことが多く困っている。
  • 介護保険を申請したが、認定されなかった。

介護の悩みや不安に耳を傾け、医療実務の経験を活かした信頼できるサービスを提供いたします。

ブログ


  • 介護を最期まで成し遂げるために必要な事
    前回の投稿で、しなければならない事だと思うと頑張ってもつらいというお話をしました投稿で、しなければならない事だ […]
  • イメージの力
    どんな風に介護をしたいのか? 介護が「しなければならない事」だと頑張ってもつらいですよね やらされてる感も出て […]
  • 介護を楽しく続ける為には
    結論から言います 正しいことを楽しむ努力をしましょう 嫌だなと思うとき それは、過去の嫌だった出来事を思い出し […]
  • 体調を決めるものそれは・・・だった
    【感情の影響】 介護は毎日続きます 自宅でも 通所でも 施設でも 毎日、続きます 本人らしく幸せに そのために […]
  • 介護を成し遂げるための秘訣とは
    【成し遂げる】 家族のお世話を最期まで成し遂げる 多くの人は難しいと思ってます 想うだけで成し遂げられるのであ […]
  • 望む介護をするためのヒント
    【常識の枠】 家族の介護が、まだ現実的でないときには 苦しまず穏やかに最期までと考えます 家族も精神的負担や経 […]

自分の軸にある看護感を形にした「看取り看護」
たくさんの方の最後の瞬間に触れる中で、看取るご家族の想いにも寄り添いたい、という想いから『終末期コーチング』をはじめます。
35年の看護師として積み重ねた知識・経験と300時間のコーチングセッションから【悔いがない有意義な最後】に寄り添います。

お気軽にお問い合わせください。080-6581-4870受付時間 9:00-18:00
[ メールは24時間受け付けています ]

メールフォームへ
MENU
PAGE TOP