ご家族との最後の時間を、どのように過ごしますか?

医療技術が進み高齢化社会となり、家族の終末期の寄り添い方も多様化しています。

終末期を迎えた本人にとって、そして寄り添う家族にとって、どんな時間を過ごせば悔いが残らないのか?

そのひとつひとつの想いに寄り添い、有意義な時間を作り上げるお手伝いをします。

終末期コーチング


看取りのイメージがつかない…
自宅で看取れるか不安…
誰に相談したらいいかわからない…

終末期を迎える方がいるご家庭では、様々な想いや不安があると思います。

患者様ご本人も看取るご家族にとっても悔いの残らない最後を迎える準備を、私との対話を通じて深めて行きませんか?

訪問看護


ーこのようなお悩みはありませんか?ー

  • 入院中の家族を外泊させてあげたいけど不安…
  • 歩くのがつらいので、家から病院まで送って欲しい。
  • 高齢の一人暮らしで不便なことが多く困っている。
  • 介護保険を申請したが、認定されなかった。

介護の悩みや不安に耳を傾け、医療実務の経験を活かした信頼できるサービスを提供いたします。

ブログ


  • 想いを叶える3つの思考
        【夢を叶えるための3つの思考】 いい介護? どんな介護? 老人ホームのパンフレット […]
  • 常識の枠を超えて行こう
    【枠を壊せ】 私の一生懸命 あなたの一生懸命 一生懸命は1人1人違う なぜ、違うの? 『限界の枠が違うから』 […]
  • イメージトレーニングの重要性
      【イメージすることは大事だぞ】 ポイント4つ ①   人間の脳は、イメージと現実を区別できない […]
  • イメージトレーニングをしてみよう
    イメージトレーニングって 『うわぁ!怒られる』 とっさに肩をすくめる これは、相手が怒りを買うようなことを自分 […]
  • 記憶を味方に付ける1つの方法
    記憶を味方に付ける1つの方法 出来事があって それに対しての想いが記憶に残っていく この記憶は無意識に行われて […]
  • 意識と潜在意識
    【意識と潜在意識】 酸っぱい食べ物を口に入れると唾液が出ます レモン=酸っぱい パイナップル=酸っぱい 梅干し […]

自分の軸にある看護感を形にした「看取り看護」
たくさんの方の最後の瞬間に触れる中で、看取るご家族の想いにも寄り添いたい、という想いから『終末期コーチング』をはじめます。
35年の看護師として積み重ねた知識・経験と300時間のコーチングセッションから【悔いがない有意義な最後】に寄り添います。

お気軽にお問い合わせください。080-6581-4870受付時間 9:00-18:00
[ メールは24時間受け付けています ]

メールフォームへ
MENU
PAGE TOP