ご家族との最後の時間を、どのように過ごしますか?

医療技術が進み高齢化社会となり、家族の終末期の寄り添い方も多様化しています。

終末期を迎えた本人にとって、そして寄り添う家族にとって、どんな時間を過ごせば悔いが残らないのか?

そのひとつひとつの想いに寄り添い、有意義な時間を作り上げるお手伝いをします。

終末期コーチング


看取りのイメージがつかない…
自宅で看取れるか不安…
誰に相談したらいいかわからない…

終末期を迎える方がいるご家庭では、様々な想いや不安があると思います。

患者様ご本人も看取るご家族にとっても悔いの残らない最後を迎える準備を、私との対話を通じて深めて行きませんか?

訪問看護


ーこのようなお悩みはありませんか?ー

  • 入院中の家族を外泊させてあげたいけど不安…
  • 歩くのがつらいので、家から病院まで送って欲しい。
  • 高齢の一人暮らしで不便なことが多く困っている。
  • 介護保険を申請したが、認定されなかった。

介護の悩みや不安に耳を傾け、医療実務の経験を活かした信頼できるサービスを提供いたします。

ブログ


  • 介護現場のヒヤリハット
    初めて自宅以外の場所に宿泊したおばあちゃん 夕方にはお家に帰りますが昼あたりから落ち着かなくなりました 静かな […]
  • 突然の看取り
    笑顔でした 胃ろうのおばあちゃん1日だけ娘さんの自宅に外泊予定でした デイサービスでは、入浴を済ませてピンクの […]
  • デイサービスお出かけ
    お花見の時期が終わりましたが、新緑の季節 日中は暖かくお散歩日和 さぁ出かけよう! スタッフも利用者さんも全員 […]
  • 認知症のおばあちゃん
    夜間に外へ出て、警察に保護されたおばあちゃん 警察から施錠の徹底を(こっぴどく)ご指導頂いた 玄関に人感センサ […]
  • 気分不快
    デイサービスは住んでいる場所にお迎えに行き 時間が来たらまたその場所へ送ります なので、体調がすぐれない時はお […]
  • みんな集まれ
    今日の夕食 臨時利用の方2名 自閉症の女の子気管切開のおばあちゃん その他は常連さんの認知症のおばあちゃん 胃 […]

自分の軸にある看護感を形にした「看取り看護」
たくさんの方の最後の瞬間に触れる中で、看取るご家族の想いにも寄り添いたい、という想いから『終末期コーチング』をはじめます。
35年の看護師として積み重ねた知識・経験と300時間のコーチングセッションから【悔いがない有意義な最後】に寄り添います。

お気軽にお問い合わせください。080-6581-4870受付時間 9:00-18:00
[ メールは24時間受け付けています ]

メールフォームへ
MENU
PAGE TOP