sunaguru-banner3-07

2021年8月22日

10:10

「人は10人十色」

誰もがそれをわかっていて

言い聞かせている。

お泊りデイサービスでは

利用者おひとりおひとり

ご家族おひとりおひとり

全て人生観・死生観が違う

そこを感じ取って、個別ケアを行う

時に、家族とは

親とはなど『基準』みたいなものがあるかのように

語られる時がある。

確かに、身内だけで支えあえれば

支えられる側も嬉しいだろう。

では、なぜお泊りデイサービスの門をたたくのだろう。

それは、10人十色だからとしか言いようがない。

拒まない

を自分の強みとしてきているが、家族の絆が強い職員にも

「他人が支える意味」を伝え続ければならない。

職員も人間、10人十色

ここにも、理解は示さなければいけない。

利用者や家族は、どんな方でも拒ます寄り添うのに対し

仲間には、違う思考でも私の想いに合わせてもらうよう教育していく

しなる思考でなければ、折れてしまう。

色んな方を受け入れるとは

違う生き方を許すから始まるのかもしれない。

なぜ、そんなことを改めて考えたかというと

インフルエンサーがとある発言で炎上している

私は彼のセブスクを利用している。

彼には、過去につらい経験をしていて

そこに触れるような記事になると、言動が荒くなる。

しかし、人を敬う気持ちや・守る物がある大切さも十分備えている人である。

「許しましょう」と言いたいのではないが、彼の人生で経験してきた

事での価値観だから指示する・しないの発言は私は行わないと

考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です