決して見ない見守り方

2021年4月8日

19:51

お泊りデイサービスで、木曜日の夜は仲良し3人組のおばあちゃん達が

泊ります。

夕飯は18時から3人一緒に食べます。

私が部屋に出入りしている時は、テレビを見ながらその話題だったり

なんか楽しそうにお話ししています。

時々、私も話に加わったりして過ごしますが、極力お世話は減らして

自由に自分たちだけで過ごしてもらうようにしています。

ある時、部屋の襖がピタッと閉まっており

部屋がすごく静かでした。

「ん?何かあったかな?」

部屋の中からは、小さな声で話しているのが聞こえます。

「はは~ん、分かった」

デイサービスに支払う利用料の話でした。

「あんたは、いくら払ってんの?」

「私は6万だよ!週の半分しか泊ってないのに」

「1か月泊るといくらになるんだい!!」

「いつまでも、泊まってらんないね」

そうです。

民家型デイサービスなので、みんな自宅に居る感覚になっているため

支払いがもったいなく感じてしまうようです。

でも、この話が出来るようになると同じ敵が出来るため

さらに結束が固くなり、親密度が増します。

だから、絶対に襖を開けてはいけません。

そんな、見ない見守りもあります。

前の記事

看取りのその後に